TOPへ
10F
9F
8F
7F
6F
5F
4F
3F
2F
1F
B1F
 
スマイラー告知
 
 
テンポス情報館
 
TENPOS.COM

 

 
駅前居酒屋への旅
 
第1回
 
写真1
 
写真2
 
 
ショップデータ
中央酒場

東京都墨田区江東橋3-5-2 大塚ビル1階
電話:03-3631-2989
月〜金:11時30分〜24時
土日:9時〜24時無休

メニュー

 

 
本文を読む

 

さ〜らば〜、ハイセ〜イコ〜〜
  錦糸町で、ございます。といっても、時は、日曜の昼下がり。悪所として名高い南口の丸井裏も、さすがに少しひっそりとした佇まいだ。と、その中に1カ所、大いに盛り上がっている居酒屋があった。その名も「馬力」という焼きとり屋である。
  中に入ってみると、大画面のテレビが2台、競馬の実況中継中。レースのゴールと結果発表のたびに、店内からは大歓声があがる。「…3連単は5番、16番、8番で、配当は10万2500円…」「オオオ〜!」。悲喜こもごものため息の後、店内はごく普通の、しかし騒々しい居酒屋に戻る。その名の通り、この店は競馬ファンの憩いの場になっているのだ。
  錦糸町には、JRAの巨大な場外馬券売り場(WINS)がある。それも丸井の両側に東館、西館の2棟がそびえ立っているのだから、集客力のすごさもわかろうというもの。「飲み打つ買う」の歓楽のあるところ、良きホッピー居酒屋あり、という自家製セオリーに従って、筆者はこの町に降り立ち、苦心の末に、ここ「馬力」を発見したというワケだ。
  周囲の雰囲気、店そのものの佇まいから、それなりに歴史のある店だとばかり思ったのだが、ここは実は、2003年に開店したばかりのけっこう新しい店だった。といっても、店主の小泉直樹さん(44歳)の飲食関連のキャリアは長い。若い頃から、餃子の「王将」や高円寺の居酒屋「大将」で修行した後、肉屋に転じる。こちらでも修行の後、独立して、宇都宮、高崎、新潟などの駅ビルで肉屋を13店舗、展開するまでになった。ところが、例の狂牛病騒ぎの際に肉屋には嫌気がさし、すっぱりと店を手放してしまう。「肉屋長かったですよ。15年くらいやってた。肉屋以外でやるなら、焼きとりくらいしかないなあと思って、ここを始めたんです」と、小泉さん。店のための物件をさがし、70軒くらい見たところで、錦糸町でもたぶん最もディープな界隈にある、現在の店に出会ったという。錦糸町には土地鑑はなかったが、「駅を下りた時から何かピンと来るものがあったんです」。筆者がよく言うトポス(場所の力)でしょうねえ。結果、「馬力」を出して、大繁盛なのである。
  人気の秘密は、肉屋さん時代のキャリアを活かした安くて、新鮮な肉料理の品揃えだろう。名物の生ホルモン刺は5種類のモツ刺がボリュームたっぷりに入って、590円(税別、以下同じ)の安さ。1人で2皿、3皿食べるファンもいるという。他店では、なかなか食べられないのが、馬レバー刺490円だ。熊本から芝浦経由で入るというが、常に品薄の状態だとか。筆者も、都内ではほとんど口にしたことがない。その他、牛センマイ刺、とろ馬刺、和牛とろ刺など、元気の出そうな肉刺料理が450円〜800円程度で食べられる。芝浦の食肉市場から、毎月300キロもの食肉類を、それも肉屋値段で仕入れるからこそ、実現できる鮮度と価格設定。モツ系豊富な各種焼きとり、メンチなどの揚げ物も、肉屋時代のノウハウを活かしたもので、安くて、おいしい。これに加えて、刺身、煮付などの魚料理も、並みの居酒屋よりずっと充実しているから、メニューの種類は全部で200を軽く超える。
  飲み物の中で、一番人気はホッピーだ。3種類ある。白、黒はわかるが、赤というのは、小泉さん独自のネーミング。プレミアの55ホッピーを、この店では赤と呼んで、出しているのだ。セットで390円という安さながら、割り材の焼酎はすべてキンミヤを使用。この店では、サワー類にも、すべてキンミヤを使うという。「キンミヤは仕入値は少し高いけれども、やっぱり味がいいじゃない? 安かろう、まずかろうじゃあ、お客さんに悪いからね」。

 

中央酒場

 

 この「馬力」、すでに錦糸町の北口に支店を持つが、次は、首都圏のWINSのある町への出店を計画している。小泉さんは、すでに立川、大宮、桜木町など50軒以上の物件を見て回ったとか。この勢いなら、WINSのあるところ「馬力」ありという時代も、そう遠くないかも知れないネ。
  最後に余談を。店内に飾ってあったセクシーアイドルの写真を見て、怪訝に思っていたら、これは以前、「馬力」で働いていて、タレントになった京道弘美ちゃん。ちょうど遊びに来ていたので、写真を撮らせてもらいました。でも、赤ちゃん、誰の? 「デビューして、DVDも出して、順調になってきたなあと思ってたら、子供できちゃった、だってさ。な〜に考えてんだか(苦笑)」と小泉さん。一方の弘美ちゃんは「馬力、儲かっているよねえ。うらやましい!」と屈託がなく、幸せそうだった。う〜ん、子育てが一段落したら、子連れアイドルとして、復帰できるんじゃないかなあ? そうでなくても、「馬力」でのアイドル復帰は、十二分に可能でしょ? その時は、「スマイラー」のグラビアに出てくださ〜い!!

 

忠孝
 
バックナンバー
第1回  横須賀ホッピー編 〜中央酒場〜 〜忠孝〜
第2回  昭和残響、蒲田編 〜鳥万〜
第3回  荻窪いかみみ編 〜やき屋〜
第4回  錦糸町・馬レバ刺編 〜馬力〜